2015年8月20日木曜日

仕事の流儀

8月も 後半まできておりますが、皆様におかれましては いかがお過ごしですか?
私たちは 少し遅れて お盆休業を頂き 私の故郷 愛媛県へ里帰りしておりました。










そして、一昨日は……

里帰りした時は必ず伺う 知人が経営するレストランへ(^ー^)
以前『LIFE~夢のカタチ~』で ご協力くださいました フレンチの お店『グラン ジュテ』さんです。




お食事中は、携帯で撮影など する事はないのですが、こちらのお店だけは特別  今回だけ失礼致します……

熟成パテドカンパーニュ(豚肉のテリーヌ)










魚介のタルタル 人参のムース コンソメジュレ仕立て










ロニョン ド ヴォー(仔羊の腎臓のロースト)赤ワイン粒マスタードソース










牛ホホ肉の赤ワイン煮込み




















など……これらの お料理をブルゴーニュの赤ワインと共に……(大川シェフはブルゴーニュのワインがお好きで、良いものが沢山有ります♪)

大川シェフも、フランスで長く働かれていた方ですが
ズバ抜けた味覚とセンスの持ち主です。
うちのシェフ曰く『大川さんは、奇人変人』と……、いや貴方も同じですよ……。
大川シェフは、元々パティシエになりたかったらしいのです……















こちら……
キュイジニエで、シブーストまで作るんです……
タルトの生地をフォンサージュするキュイジニエ……

普通じゃないです。

大川シェフも、最初から最後まで自分一人で責任を持って料理を作る方です。
ただソムリエの方が一人いらっしゃるだけのスタイル。
弊店でも同じです。洗い物や準備、かたずけ全て当たり前のようにシェフ一人でこなし、生ケーキ、焼き菓子、コンフィチュール、ヴィエノワズリーなど何種類もの商品を全て一人で作り揃えます。(私は、厨房の事に関して一切手出し致しません)

そんなシェフ方の精神力、体力は並大抵ではございません

でも、納得いくように一人でやりきる……
それが、仕事の流儀でしょうか……

パティシエも、キュイジニエも芸術家です
その芸術家たちが作り出すお菓子や、お料理は芸術作品です
私たちは、その芸術作品を頂き心を豊かにする

今夜も美しく、美味しいお料理の余韻に浸りながら グラスを片手に長く楽しい おしゃべりが始まります(*´∇`*)