2017年11月20日月曜日

報告に

本日は、勝手ながら休業日とさせていただき
只今 三重県は伊勢市の神宮へ 一年に一度の報告をしに訪れております
また一年後も良き報告ができるよう精進いたします
明日より通常営業いたします
宜しくお願い致します



2017年11月19日日曜日

休業日のお知らせ

明日 11/20(月)は 誠に勝手ではございますが 休業日とさせていただきます
御来店予定でした 御客様には 御不便、御迷惑をおかけします
 大変 申し訳ございません
11/21 (火) より通常営業いたします

何卒 宜しくお願い申し上げます

2017年11月17日金曜日

クリスマスケーキ

店頭にて御予約 受付を開始いたします

なお、御入り用の当日 できる限りスムーズに お引き渡しができますよう 恐れ入りますが お代金の方は前払いにてお願いいたします

『カフェ・ノア』
12㎝…… ¥ 3,000 (税込)
15㎝…… ¥ 4,000 (税込)
カフェのバタークリーム、ローストして砕いたクルミのアクセント、キャラメルソース

『ミニョン』
15㎝…… ¥ 4,000 (税込)
イチゴのムース、ヨーグルトのムース、フランボワーズのジュレ

『トンカ』
15㎝…… ¥ 4,000 (税込)
甘い香りのトンカ豆で香り付けしたミルクチョコのムース、バナナのジュレ、オレンジのジャム

『クラシック』
12㎝…… ¥ 3,000 (税込)
15㎝…… ¥ 4,000 (税込)
しっとりと焼き上げたガトーショコラ、ガナッシュ、マロンのバタークリーム

『プランタニエ』
15㎝…… ¥ 4,000 (税込)
マスカルポーネ(チーズ)とホワイトチョコのムース、フランボワーズのジュレ、イチゴのムース、サクサクした食感のフイヤンティーヌ

締切は、12/19 (火) とさせていただきます
どうぞ宜しくお願い致します
なお、休業日の方は不定休となっております
決まり次第 できる限り早めには こちらの方で お知らせしておりますが 急遽 お休みさせていただく事もございます
何卒 御理解のほど宜しくお願い申し上げます

御予約の方は、店頭のみの承りとなりますが
ご不明な点がございましたら お気軽に お電話、店頭にて御問い合わせくださいませ。


2017年11月15日水曜日

MeringueChantilly

プチガトーの方で、サクサクのメレンゲと生クリームを使用した
『ムラング・シャンティ』
出ます♪
加藤が、パリのジェラール・ミュロで働いていた当時
この ムラングシャンティのムラングは
必ず、ムッシュ・ミュロ 自らが仕込んでいたそうです。(このお菓子だけではありませんが)

余談ですが、
当時の若い加藤の目には
常に、オーナーシェフが現場に立ち 先陣切って働く姿が映っていた
今でも、加藤は言います
ムッシュ・ミュロ は現場主義で、本当に良く働く職人だったと
目立つ事ではなく
ただただ、現場が好きで
ただただ、お菓子作りが好きで
ただただ、自分が作った お菓子を愛してくださる お客様を大切に想いながら 店頭にも立っていた

その ムッシュ・ミュロの姿を毎日、毎日 同じ現場に
立って 見ていたからこそ 今の 加藤のスタイルがあります

さて!過ぎましたm(__)m

本日も、皆様にとって愉しい一日となりますように♪







2017年11月12日日曜日

今年も

寒い時季にだけ お作りしております りんご(紅玉)を使用した タルトの
『タルト・ノルマンディー』
今年も始まりました♪
タルトの上に乗せる弊店の「シブースト・クリーム」も、フランスはパリの 加藤の師匠 ムッシュ・ミュロ直伝です
是非に!







2017年11月10日金曜日

mille-feuille

秋冬だけのパイ菓子
mille-feuille
ミルフイユ
弊店では、高度な技術を要する逆折り仕込みの生地です。
この技法も残っていってほしい
日本でも この技法で仕込む職人さんが一人でも多く残ってほしいな……

本日も皆様にとって愉しい一日となりますように♪

2017年11月9日木曜日

cannele de Bordeaux

Cannele de Bordeaux
カヌレ・ド・ボルドー
フランスのボルドー女子修道院で古くから作られていた お菓子ですが、修道院では昔、 ワインの製造もしていたそうです。その時の沈殿物 (オリ) を取り除くための清澄剤として 卵白が使用されており、残った卵黄の方を さて、どうするか?という事で考えられた お菓子だそうです。
フランスらしいところですね~♪
弊店では、このカヌレも オープンの時からずっと お作りしており、何で今?なお話ですが (^ー^)
現在、この伝統的なカヌレを保存するための組合が作られ、フランスはボルドーでは 600以上の製造業者が居るんだそうです。

手間のかかるわりに 日本では、この 落ち着き過ぎる見ためから、あまり選んでいただけないという理由もあるのか 製造されなくなってきている お菓子の一つです
伝統的なフランス菓子、またその技法が 一つでも多く
日本でも 残っていってほしいな~と……
弊店は めげずに毎日 変わりなく進みます